SKIN-BEAUTIFYING BACTERIA | 美肌菌について

「皮膚常在菌」とは!?

すべての人の肌にある「皮膚常在菌」

健康な腸は、腸内に乳酸菌やビフィズス菌といった「善玉菌」や 「悪玉菌」・「日和見菌」がバランスよく存在しており、腸の健康が保たれています。
健康な腸は、乳酸菌やビフィズス菌などの「善玉菌」や「悪玉菌」・「日和見菌」がバランスよく存在することで健康が保たれます。
同様に、私たちの肌の表面にも「皮膚常在菌」と呼ばれる菌がいて、1㎠の肌の上に通常100万以上の菌が生息しているといわ れています。
入浴すると健康な皮膚の「常在菌」は一時的に減りますが、しばらくすると入浴前と同様に増殖。
この「常在菌」の中にある肌にとって有用な「善玉菌」は「美肌菌」とも呼ばれ、すこやかな肌を保つために役立っていると考えられています。

私たちの肌の表面にも「皮膚常在菌」と呼ばれる菌がいて、1㎠の肌の上に通常100万以上の菌が生息しているといわれています。この「常在菌」の中にある肌にとって有用な「善玉菌」は「美肌菌」とも呼ばれ、すこやかな肌を保つために役立っていると考えられています。

●「美肌菌」(善玉菌)とは

「美肌菌」が、すこやかな肌をサポート

「美肌菌」とは、すべての人が肌に生まれもつ「常在菌」の中の有用な菌、いわゆる「善玉菌」のことです。
「美肌菌」は肌のpH を弱酸性に保ち、うるおい成分の分泌をサポート。「悪玉菌」の繁殖を抑える成分を出して肌のバリアを保護するといわれています。
「美肌菌」のひとつである表皮ブドウ球菌は、皮脂を摂取して保湿成分であるグリセリンと抗菌成分の脂肪酸に分解し、「悪玉菌」の異常繁殖を防ぐとされています。


●「悪玉菌」とは

肌にダメージを与える原因、「悪玉菌」

一方、増えすぎると肌に有害なトラブルを引き起こすのが、「常在菌」の中にある「悪玉菌」です。
「悪玉菌」にあげられる黄色ブドウ球菌は、傷が化膿して肌にダメージを与える原因となる菌で、肌の乾燥を引き起こすとされるもの。また、敏感肌との関連性も指摘されています。


●「日和見菌」とは

肌の状態で役割を変える「日和見菌」

「日和見菌」という名前の通り、この菌は肌の状態で働き方が変わります。
健康な肌の状態では「美肌菌」的な働きを、肌バランスが崩れると「悪玉菌」的な働きをします。
例えば、「日和見菌」の中のアクネ菌は、普段は保湿の役割をしていますが、ストレスやホルモンバランスの崩れなどで皮脂が増えると、アクネ菌のリパーゼという酵素が皮脂を分解し遊離脂肪酸に変化。
この遊離脂肪酸が皮膚を刺激し、毛穴をふさぐことでアクネ菌が増殖し、「ニキビ」となってしまうそうです。

※「皮膚常在菌の種類についての説明」であり、商品そのものの効果効能や機能を説明するものではありません。


SDGs |SDGsへの取り組み
OUR VISION|スキンケアについての私たちの思い